Empowering Rural Japan with Self-Sovereign Identity: Highlights from the Web3 Regional Revitalization Summit IVS Kyoto 自己主権型アイデンティティで日本の地方を活性化:Web3地域活性化サミットIVS京都のハイライト

At the recent Web3 Regional Revitalization Summit, our founder Seira shared insights on the transformative potential of Self-Sovereign Identity (SSI) in revitalizing rural areas in Japan. This event brought together thought leaders and innovators committed to leveraging technology for social impact.

Many rural towns offer both non-financial and financial incentives to people who contribute to the community. However, the more attractive the incentives, the higher the risk of people gaming the system. That’s where Self-Sovereign Identity (SSI) comes in. SSI ensures that contributions are authentic, and incentives go only to those who genuinely contribute to the community.

Stay tuned for more updates on our initiatives and join us on this journey of innovation and empowerment.

Web3地方創生サミットで、ソーシャス創業者の尹世羅は、自己主権型アイデンティティ(SSI)が日本の地方創生にどのように寄与するかについての講演をしました。このイベントは、技術を社会課題解決のために活用することにコミットした業界リーダーやイノベーターを集めました。

多くの地方都市は、コミュニティに貢献する人々に対して、非金銭的および金銭的なインセンティブの両方を提供しています。しかし、インセンティブが魅力的であればあるほど、人々がシステムを悪用するリスクも高くなります。そこで自己主権型アイデンティティ(SSI)が登場します。SSIは貢献が真実であることを保証し、インセンティブは本当にコミュニティに貢献した人々のみに提供されます。

ソーシャスの取り組みの最新情報をお見逃しなく!

Share this post